スタジオ練習したい!

スタジオの使い方やマナーを紹介します。

メンバーが集まりやすい場所

スタジオ

メンバーが住んでいる地域に考慮する事と、音楽スタジオ内に最低限のレンタル機材が揃っている事が一番の条件です。
基本的に機材が壊れてなければ練習はできます。
ただし、動きの練習などは鏡が無ければできませんので鏡が付属のスタジオを選んだ方が無難です。

スタジオでのマナー

基本的に音楽スタジオ内では飲食厳禁なので、休憩スペースやお店が許可を出している場所まで移動して下さい。

特に規定がないスタジオであっても紙コップや缶ジュースなどふたのできない飲み物は持ち込まないようにしてください。 ふたの付いたペットボトル等は一度スタジオに入る際、受付で持ち込んでいいかの確認をしたほうがよろしいかと思います。

飲み物等で設置してある機材を破損してしまうと弁償と言う形で多額の出費が発生してしまうので注意が必要です。
また機材は繊細なものも多いので、アンプの使い方やミキサーの使用方法に不安がある時はスタッフの方に教えてもらうのが良いと思います。


スタジオ練習までにすること

スタジオ練習

音楽スタジオは移動による交通費や部屋代の料金が掛かるので頻繁に利用出来るものでもありません。
そのため各メンバーで予めセッションしたいと思っている曲をピックアップして、担当楽器の楽譜を覚えておくようにしましょう。
あとは、セッションしたい曲をひたすら練習するのみです。
スタジオ練習で、どれだけメンバーが練習したのかが、一つの結果になってわかります。
メンバーから後れを取らないように練習しておきましょう。

メリット・デメリット

メリットは、本格的な機材を利用出来るのでモチベーション向上に繋がります。
高額で手が出せないアンプも使う事が出来ますし、何よりも防音設備が整っているので思いきり演奏できる点にメリットがあると思います。 また、家では(特に賃貸)音量を出せませんので、ちゃんとピッキングができているかなど確認できます。

デメリットは、一方で利用するには予約が必要であったり、シールド等の貸し出しを行っていない備品もあるので、何も分からない状態で行くと練習できないまま時間だけが過ぎてしまうので注意してくださいね。
1度スタジオに入るたびに数千円はかかりますので覚悟して行かないと無駄になってしまいます。


ページのトップへ戻る