ボーカルになりたい!

ボーカルになるための練習方法や考え方の紹介ページです。

ボーカルに必要な素質

ボーカリスト
ボーカルに一番必要なのは、歌唱力だといえます。
一言に「歌唱力」と言ってしまうのは簡単なんですが、声量・声質・リズム感・感情を込めて歌うの総合力で、観客を魅了できる歌い方ができるかという事です。

他にも沢山必要なことがあります。
人前で歌う度胸、何曲も連続して歌える体力と気力。
バンドのライブに行って見ればわかると思いますが、大体ライブ中盤あたりからボーカルも疲れが見えて来ます。 1時間から2時間位の長時間歌うだけで無く、動き続けるのですから体力・気力も必須です。 一番目立つポジションですから当然見た目も大事です。
バンドの顔として恥じない様に全てを背負える度胸が無いとボーカルを務めるのは難しいのです。

練習方法

ボーカル

上手に歌うには、やはりきちんと歌のレッスンを受ける事は大事です。 ボーカルは歌うのが好きとか、気持ちよく歌いたいだけでは務まりません。
正しく綺麗に歌える技術を身に着ける事が大事です。 レッスンを受けなくても、歌が上達する本は沢山あります。 それらを良く読むだけでもかなり勉強になるはずです。

次に大事なのは自分の歌を客観的に聴く事です。 自分が歌ってる状態で聴こえる歌と、他の人から聴こえる状態では全く違うのです。
何度か歌を録音し、それを自分で聴く事がお勧めです。 録音した歌が、自分以外の人が聴く歌なのです。 それを聴いて直すべき所や良かった所をチェックしましょう。

ボーカルを目指す人へ

ボーカルで慣れてしまうと、バンドの顔として活動するため、勘違いを起こしてしまう事があります。
今の人気は自分のおかげなど思ってテングになってしまう事があります。
バンドというのは、一人の力では成り立ちません。
今の人気もメンバーがいたからこそのものです。そのことを忘れないでください。
また、練習に熱心ではないメンバーがいると、その人の予定を合わせて練習するのに苦労したりします。
メンバーそれぞれが違う音楽性を持っているため、自分のやりたい曲ばかり押し通さずじっくり話し合って納得した曲を選んだり作ったりしましょう。


ページのトップへ戻る